ソーシャルビジネスセミナー 

「『お金の地産地消白書2014』を読む会 in 新潟」

 地域や社会が抱える課題を、ビジネスの手法で解決するソーシャルビジネスに対する注目は、ますます高まっています。日本政策金融公庫においても、ソーシャルビジネスの主要な担い手であるNPO法人に対する資金面の支援に積極的に取り組んでいます。

 今回のセミナーでは、コミュニティユースバンクmomoの木村真樹氏をお招きし、地域金融機関が本気でソーシャルビジネス支援に参画するためのアクションについて、金融機関のみならず事業者(企業およびNPO)や支援団体の皆さんと「お金の地産地消白書2014」をもとに対話します。


<開催概要>

■開催日時:平成27年12月3日(木)10:00~12:30(開場 9:30)

■内容

 第1部 「『お金の地産地消白書2014』を読む会 in 新潟」

 第2部 施策紹介「ソーシャルビジネスのための資金調達」

 第3部 個別相談会(事前予約制)

■会 場:新潟ユニゾンプラザ 2階女性団体交流室2

(新潟市中央区上所 2-2-2)

■対象者:

・NPO法人などの社会的企業や地域貢献につながる事業を営む方

・ソーシャルビジネス分野での創業をお考えの方

・地域貢献につながる事業をステップアップさせたい方

■定 員:30 名(先着順)


<講師のご紹介>

木村 真樹氏(コミュニティ・ユース・バンクmomo 代表理事)

昭和52年名古屋市生まれ。株式会社中京銀行勤務を経て、国際青年

環境NGO「A SEED JAPAN」事務局長や、「ap bank」運営事務局スタ

ッフなどを歴任。平成17年に愛知県初のNPOバンク「コミュニティ・

ユース・バンクmomo」を設立。約5,000万円の出資金(出資者数500

超)を原資に、1億3,000万円超をNPOに貸し倒れなく融資実行。

平成25年に愛知県初の市民コミュニティ財団「あいちコミュニティ

財団」を設立し、翌年に愛知県から公益財団法人として認定。NPO

の発展段階に合わせて民間資金を持ち寄る「地域内“志金”循環モ

デル」の実現を目指し、NPOへの年間4~5千万円の資金支援とボラ

ンティアとの支援に取り組んでいる。



<申込・問合せ先>

日本政策金融公庫 新潟支店(国民生活事業)

【FAX番号】025-246-2039(チラシをダウンロードし、申込用紙に記入の上、お申込ください。)



◇詳細はこちらのチラシでご確認ください◇

ダウンロード
ソーシャルビジネスセミナー「お金の地産地消白書を読む会in新潟」
Socialbussines-seminar_151203.pdf
Adobe Acrobat ドキュメント 1.1 MB