子育て応援施設ドリームハウス
お母さんの心を元気にしたい


子育ての悩みに“共感”しながら寄り添う


 ドリームハウスは、まるで実家のような雰囲気の一軒家に多くのお母さんや子どもが集う「子育て応援施設」です。子どもたちが遊ぶ傍らで、お母さんたちも会話を楽しんでいて、初めてここを訪れた人もくつろげる空気があります。

 代表の新保まり子さんも子育てに悩む一人の母でした。育児に追われ「心が死ぬ」感覚を体験したとき「お母さんがありのままの自分で過ごせる居場所を作りたい」と同施設を開館。大切にしているのは、悩みを持つお母さんたちに共感する姿勢です。子どもへの接し方を責めず「その気持ちわかるよ。」と受け止めることで、多くの人が元気を取り戻してゆくそうです。



「お互いさま」の心で支え合う


 元気になったお母さんたちの「何かをしたい」という思いもドリームハウスは応援します。施設の運営に関わる人、特技を活かしてイベントやサークルを始める人。「何かして欲しい」人と「私はこんなことができる」という人を繋ぐ事業『ぐるぐる』。お互いさまの気持ちで助け合うことがドリームハウスの理想です。

 来所が難しい人向けに自宅まで訪問し、話を聴くことで子育ての負担感や孤独感を軽減する『出張ドリームハウス』など、お母さんの心を元気にする取り組みはお父さんや地域の高齢者、学生たちと連携しながらますます広がっています。

代表の新保さん(写真左)ほかボランティアスタッフ約30人が活動している
代表の新保さん(写真左)ほかボランティアスタッフ約30人が活動している
出張ドリームハウスは、外に出られず子育てや家族の問題などに悩むお母さんに寄り添う
出張ドリームハウスは、外に出られず子育てや家族の問題などに悩むお母さんに寄り添う