特定非営利活動法人 にいがた若者自立支援ネットワーク 伴走舎
若者の社会参加を支援

 伴走舎は、現代社会で多くみられる不登校・引きこもり・ニートなど、悩みを抱えた若者とその家族の社会参加への道を一緒に歩む支援団体です。「長年、悩みや苦しみを抱えて、誰にも相談できず、親子が共に出口が見えなくなっているのではないか」と副代表の堀内一恵さん。

 事務局は沼垂地区の「よりどころ」に併設。地場産野菜などを販売する「やさい村」、居場所スペースやミニ文化教室などを行う「よろずや」があり、地域の人たちと社会参加を目指す若者の交流場所になっています。こうしたきっかけから、周りに認められていくことで自己肯定でき、自立につながっていくそうです。