現在、村上地区の寺院を中心に「友引ほっとライン」を立ち上げ、困りごとや生活相談に努めています。古くは「寺子屋」があったように、寺はもともと地域に開かれた場所。つまり、生きることの大切さを知るための拠点であったわけです。困りごとがあれば、お気軽に立ち寄って下さい。