死にたい思いを、否定せず、驚かず

ただ聴いて欲しかった

あるとき私が「初めて死にたいと思ったのは小学2年生の時です。」と話した時「そんな小さい時にそんなこと考えるものなの?」と相手の方に信じられないと言わんばかりに驚かれました。その時のなんだかわからないけど悲しい気持ち…。それは今思うと、気持ちをわかってもらえず遠い世界の話のように言われ、その頃の私と今の私が同時に傷ついたことの悲しみ。死にたいと思うことに、年齢も環境も性格も関係ない。誰だって突然やってくるかもしれないことで、特別なことや変なことじゃない。死にたいと思うことは、もしかしたら心の底では私らしく生きたいという魂の叫びかもしれない。私が死にたいと思った時に一番して欲しかったことを、これからは私があなたにして生きていきたい。死にたいと思う想いを否定せず、励まさず、ただあなたの心に寄り添いたい。