Sounding Joy Japan
音楽で生きる力を引き出す

 音楽療法士の大竹孔三(よしみ)さんは、ハワイの非営利福祉団体で、ドラッグや虐待に悩んだり、自信の持てない若者たちに、音楽を通して自己肯定感を高めるセラピーを提供してきました。帰国後、同団体の日本支部「Sounding Joy JAPAN」を立ち上げ、個人やグループでのセラピー、講演会、体験会などを行っています。

 音楽療法は、言葉で表現しにくいときも音で表現できることや、赤ちゃんから高齢者まで施せる良さがあります。楽器は、自然素材や音質が良いものを厳選して用意。グループ療法では、参加者がそのときの気持ちなどを楽器で表現し、大竹さんは、伴奏や歌でサポートします。「一体感や、音楽する喜び、生きる力を引き出す手助けができたら」と話します。